ARTISTS

Dr A.SEVEN

Dr A.SEVEN

1970年代からフォークゲリラとして街頭で歌い始めロックバンド「アシッドセブン」を結成!
アンダーグラウンからメジャーまでアートの垣根を越えた交流は現在でも多岐にわたる国内外を旅しアイヌ民族、ネイティブアメリカン、ハワイアンなど多くの民族と交流し、その幻視の歌を伝承啓示し詩集「サイケデリック百科事典第七巻」を先頃完成する。ビート系詩人、ロック魂的シンガーでもあるがフォーク、ロック、テクノなどなどオールジャンルで現在も活動する伝説の「いのちの祭り」の強烈な仕掛人!
1974年から開花した「オールナイト・レインボーショー」のプロデューサーまた行政関連イベントにおいてもビジュアル&サウンドシステムを駆使した飛び抜けた企画で多くの評価を受け後継者も育てる環境イベント「アースデイ」「春風」初期からのオーガナイザーカラフルな旅を続けながら『天下御免の遊行人』を気取りつつ日雇い労働者として今も「歌い』を志す。

KUDANZ

KUDANZ

岩手県花巻市出身のササキゲン (vocals/guitars)によるソロプロジェクト。
フォークミュージックをベースに置き、 エレキギター/ガットギターでの弾き語りや、バンド編成など、多様な形態で活動中。
2014年5月14日にはソロプロジェクトとなってから初となる作品のミニアルバム「何処か長閑な」をリリース。 その後、ライブ活動の休止を経て、2016年2月に活動再開。
2016年11月ソロプロジェクト初のフルアルバム「血の轍」をリリース。

Sandro Perri

Sandro Perri

サンドロ・ペリ

Sandro Perri is a musician and producer based in Toronto. He has released over a dozen albums of original vocal, instrumental, acoustic and electronic music and worked on countless other recordings in various creative and technical roles. Perri’s curious ear and love of re-invention have resulted in a strikingly diverse catalogue, exploring intersections of pop, folk, jazz, tropicalia, improv, minimalism, dance and electronic – but unified in their impeccable craftsmanship and unique creative vision. 

寺尾紗穂

寺尾紗穂

1981年東京生まれ。2007年ピアノ弾き語りアルバム「御身」が話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督の「転校生 さよならあなた」、安藤桃子監督の「0.5ミリ」など主題歌やCMの仕事も多い。2010年よりビッグイシューを応援する音楽イベント「りんりんふぇす」を主催。2020年3月29日に10回目を山谷で開催予定。最新刊は『彗星の孤独』(スタンドブックス)、最新アルバムは「たよりないもののために」。2018年より朝日新聞書評委員。2020年2月アルバム発売予定。




Phew

Phew

1978年にパンクバンドAunt Sallyで活動をスター ト。バンド解散後はソロとして国内外の数々のミュージシャンとコラボレーションを行なう。現在は、 2013年から始めた電子音楽のソロユニットとパンクバンドMOSTを中心に活動している。2018年2月に 声のみで制作されたアルバム『Voice Hardcore』を リリース、9月にはThe Raincoatsのアナ・ダ・シルバ とのコラボレーションアルバム『Island』を発売。 現在、ソロアルバムを制作中。

betcover!! / ヤナセジロウ 

betcover!! / ヤナセジロウ

betcover!!こと1999年生まれ多摩育ちのヤナセジロウによるソロプロジェクト。幼い頃からアースウィンドアンドファイアなどブラックミュージックを聞いて育ち小学5年生でギター、中学生のときに作曲を始め2016年夏に本格的に活動を開始。
2017年12月20日10曲入り1st ep「high school!! ep.」を発売。収録楽曲「COSMO」が2018年1月スペースシャワーTV「it!」に決定。5月にはサニーデイ・サービスの新作リミックスアルバムその制作過程をシェアするプレイリスト<the SEA>のリミックスを1曲手掛ける。8月1日に発売した5曲入り2nd ep「サンダーボルトチェーンソー」ではApple Music 「今週のNEW ARTIST」、Spotify「アーリーノイズ」に選出される。12月5日には両A面シングル「海豚少年 / ゆめみちゃった」を配信限定リリース。2019年3月13日には初の単独公演「襲来!ジャングルビート’19」を渋谷TSUTAYA O-nestにて開催。7月24日にメジャー1stアルバム「中学生」をcutting edgeより発売。またアルバム収録楽曲「異星人」が2019年7月スペースシャワーTV「it!」に決定。アルバム収録楽曲「決壊」が7月7日から始まるテレビ東京アニメ「闇芝居」のエンディングテーマ、そしてアルバム収録楽曲「水泳教室」は「モヤモヤさま~ず2」のエンディングテーマに抜擢されるなど注目を集める。8月に行われた渋谷WWWでのワンマンライブを成功に納める。

ROTH BART BARON

ROTH BART BARON

ロット・バルト・バロン

三船雅也 (vo/g)、中原鉄也 (dr) による東京を拠点に活動している2人組フォーク・ロック・バンド。2014年、1st AL『ロットバルトバロンの氷河期』をフィラデルフィアにて制作。2015年、2nd AL『ATOM』をカナダ・モントリオールにて制作。2017年、EP『dying for』をロンドンにて制作。2018年、3rd AL『HEX』を発表し、< Music Magazine > < The Sign Magazine > を始め多くの音楽メディアにて年間ベストにランクイン。サマソニ、フジロックなど大型フェスにも出演。活動は国内のみならず US・ASIA にも及ぶ一方、国の重要文化財『山形・文翔館』での公演も成功させる等、独創的な内容とフォーク・ロックをルーツにした音楽性で世代を超え、多くの音楽ファンを魅了している。

また、2018年よりロットバルトバロン・コミュニティ”PALACE”を立ち上げた。2019年11月20日に『HEX』より1年ぶりの4th AL『けものたちの名前』をリリース。ツアーは台湾公演も含め17都市18公演。ファイナルは東京・めぐろパーシモン大ホールにて開催。

ROTH BART BARON is an folk rock band based in Tokyo, Japan. Member : Masaya Mifune (vo/gt) , Tetsuya Nakahara (dr).


Influenced by modern rock and folk music, ROTH BART BARON’s beautiful melody and attractive musical arrangement leaves strong impression along with their philosophical depth lyrics in Japanese.


1st AL “The Ice Age” (2014) was recorded in Philadelphia, Pennsylvania, co-produced by Brian McTear (Kurt Vile, the War on Drugs) and mixed by Jonathan Low (The National, Sufjan Stevens). 2nd AL “ATOM” (2015) was recorded at “Hotel2tango”, the God Speed You! Black Emperor's studio in Montreal, Canada. EP “dying for” (2017) was recorded in London, UK with Bradley Spence (Alt-J, Kasabian) and Alexander Beitzke (James Arthur, Florence + the Machine).


In 2018, 3rd AL “HEX” became their first self-produced released in Japan. Engineered by Chicago’s Grammy Award winning engineer L10 Mixed-It (Chance the Rapper, Noname), mastered by Chris Athens at TX studio, Austin Texas. The positive reviews soon proved to be selected as one of the best albums of the year in numerous music media.


Their enthusiastic success lead the band to performed in larger scale music festivals including “SUMMER SONIC”, “FUJI ROCK Festival” in Japan. And crossing the borders, held "US-Tour 2014” & ”ASIA TOUR 2016” including ”Big Mountain Music Festival '15" in Thailand, and "PLAYTIME FESTIVAL ’16" in Mongolia. Also as a solo, the vocal guitarist, Masaya Mifune, was chosen to perform at the Tokyo show of a “Celebration David Bowie 2017” world tour in February 2017, left great remarks.



※出演者の変更・キャンセルに伴うチケットの払戻しは行いませんので、予めご了承下さい。